年の瀬ですね。

ちゃちこも例に漏れず
実家で過ごす予定でございます。

かりんを連れて。


"あたちキャリーなんか絶対乗らない。"


かりんはこの場所にいると
ちゃちこが手出しできないことを
知っています(´・ω・`)

ちゃちこ
「かりんお留守番嫌でしょ?」

かりん
"あたちはここにいるの。"

ちゃちこ
「ちゃちこかりんと一緒がいいの(´・ω・`)
ねぇ、一緒に行こ?」

かりん
"やだぷー"

わかってはいますが
全然言う事を聞きません。

しかしながら
状況把握能力は
凄まじいです。

ちゃちこがいそいそと出かける準備をしていたのを
早々に察知しました。

そして
この
立てこもりです。

一向に出てきません。

いつもは極力かりんにストレスをかけないよう
円筒巣箱に入ったかりんを
巣箱ごとキャリーに入れる
スタイルなのですが
全くもって円筒巣箱に帰ろうとしません。

完全に手法がバレております。

仕方がないので
いつも通りお散歩の準備をしました。

この間
止む終えず
予定していた新幹線の時間を変更。

そして
普通席からグリーンへ昇格。

セレブです。

かりんは
セレブです。

そして
ブチ切れかりんと攻防する事
約1時間。


砂浴びはしてくれました。

しかしこの顔。

激おこです。

ちゃちこが動こうものなら
ぷぎゃぷぎゃと
鳴きわめく始末。

そろそろ
ちゃちこもまぢでブチ切れ5秒前です。

この新幹線を逃したら
年末年始
実家に帰れない説が浮上します。

こうなったら
チンチラ飼いだけに受け継がれる
最終奥義を使うしか方法はありません。

この技は出来れば使いたくなかった。

しかしながら
長時間に及ぶ攻防は
ちゃちこもかりんも
無駄に疲弊してしまいます。

ちゃちこは
奥義の準備に取り掛かりました。

砂浴びを終え
お散歩に出てきたかりん。

パタン。
とケージの扉を閉めるちゃちこ。

かりん
"ちゃっちゃ何するの?!
あたち帰れないじゃない!!"

慌てふためくかりん。

ちゃちこは
そんなかりんに心を痛めながらも
奥義を繰り出すため
精神を集中させました。

そして
発動。

秘伝チンチラ流
最終奥義


抱っこ。

ぐわっしぃっ。


ひと思いに
一瞬で掴みます。


自分でもびっくりです。

一瞬でかりんは
ちゃちこの手の内です。

後は
キャリーに入るしか
かりんの成す術はありません。

そうして
なんとか
ギリギリ間に合った新幹線に乗りながら
こうして
先ほどの熱い攻防について
綴っているちゃちこでございます。


グリーン車優雅だわ(´・ω・`)